投資信託で一花咲かせよう|生活が豊かになる

海外業者で口座開設

貯金箱と電卓

fxを行う際に海外口座を利用する事で国内業者を利用する時には得られないメリットを得る事ができます。しかし海外口座を使う事でリスクも出てくるので事前にその業者に関する情報を集めておくのが良いです。インターネットを使う場合はその情報が正しい情報か判断する事も大切です。

もっと見る

海外のFX取引を行う

マネー

近年、国内では海外FXの口座を開設する人が増えてきています。海外FXの取引を始めるメリットとしていくつかあげられますが、中でも最大25倍までというレバレッジの規制を受けないということが大きなメリットといえます。

もっと見る

国際的な視野で利益を

スーツの人達

国際的な視点で金融商品を購入している人たちの間では、高利回りの海外債券や配当利回りの高い株式の個別銘柄を買うのが流行です。しかし個別銘柄を購入する場合には、数十万円単位の資金が必要であり、初心者が銘柄を選ぶのも難しいです。そのために1万円単位で購入できる投資信託が注目されており、個人投資家がイメージしている運用スタイルに合わせて、複数の銘柄を組み合わせるのがトレンドです。資産総額が著しく増えている投資信託の中には海外のリートで運用する商品もあり、積み立て購入したりボーナス時に一括購入する人が中心です。バランス型の投資信託であれば、債券や株式などに均等に投資することも可能であり、新興国の商品を組み込んでいるファンドも多いです。

様々な投資信託をバランス良く組み合わせて、一人一人がオリジナルのポートフォリオを構築するのが、代表的な資産運用の手法です。グローバルに資産運用をする場合には為替変動リスクもあるので、為替ヘッジ型の投資信託を組み込むのが、今後も有望な投資戦略です。老後に向けて積み立て投資をする場合には、年齢に合わせてリスクの高い商品の比率を下げるのが理想的です。ターゲット・イヤー型のファンドであれば、機械的にリスクの大きな資産のウエイトを下げてくれるので安心です。退職金を活用してファンドを購入するときのポイントは、債券の割合を高めたり、将来的な取り崩しにも対応可能な資産配分を目指すことです。換金性の高い先進国債券中心のポートフォリオを構築することで、ゆとりのある老後が実現できるでしょう。

資産運用をお考えのときは

財布

歴史的な低金利状態で銀行預金に期待できない現状では、自ら資産運用を行ってみようという人が増えてきているといわれています。株式投資を行うにあたっては、個別株投資以外に投資信託を活用するという方法があります。投資信託の購入にあたっては、銀行よりもネット証券の方が取り扱い本数や手数料の面で優位です。

もっと見る